人気ブログランキング |
ブログトップ

Life is a journey

タグ:アロマ ( 29 ) タグの人気記事

⌘ マンダリンオリエンタルBKのレモングラスティー



楽しみにしていた

マンダリンオリエンタルバンコクの

レモングラスティーをバンコク在住の友人に

お願いして送っていただきました113.png


b0209720_20445698.jpeg



早速、開けてみると

麗しい香りとともに

綺麗な綺麗なレモングラスの葉が!


b0209720_20454314.jpeg



熱湯を注ぎいたたいてみることに…

透きとおるような黄金に輝くお茶は

爽やかな初夏の風が吹き抜けるような

スッキリとした味わいでとっても美味しい♪


b0209720_20463201.jpeg



レモングラスは、レモンのような香りがする

イネ科の植物で、葉の部分を使用しています。

効能は、消化促進や鎮痛作用

緊張やストレスで沈みがちな気分を

前向きにしてくれたりします✨

香りの強さ(FB)のランクは1で、最も強く香ります。


心身を癒してくれるアロマの中には、

お料理に使われる香辛料から抽出しているものも

ありますので、香りとともに

体の中からアロマのパワーを吸収できますね162.png



b0209720_20473707.jpeg




~~~~~~~~~~


”魔法のボディメンテナンスで 特別な時間をコーディネートする”


東京都葛飾区金町の隠れ家サロン
la gerbe d'or




by gracery | 2019-04-08 20:20 | Aromatherapy

⌘ 介護とアロマ

先週末、特養に入所している叔母(大正13年生まれの93歳)のところへ行ってきました。

定期的に行っているのですが、最近は必ずアロマオイルでフェイシャルトリートメントをしてあげています✨

お顔は鼻(嗅覚)に近いので大脳辺縁系や海馬に働きかけるし、
顔にある多くの筋肉や経絡を刺激して認知症にもアプローチできるので良いことづくめ💆

マッサージしたら、血色が良くお肌もツヤツヤになり喜んでくれます。

いつもウトウトして気持ち良さそ〜にしてくれるので、60分なんてあっという間に過ぎてしまいます💗


叔母は、周りの人のために働き、戦禍を越え、一生懸命に生きて、気品があって秋桜が好きで、神様を信じている人🌷

もう少し 元気で居て、少しでも恩返しをさせてほしいと思います101.png




b0209720_15394436.jpg




by gracery | 2017-09-19 15:35 | Aromatherapy

⌘ 精油と自己免疫力

こんにちは。

風邪やインフルエンザの季節になりましたね。

手洗いやうがいは予防の基本ですが、
ダメですよ、やりすぎては…。


ヒトにはもともと自分を守るための常在菌の存在があります。
感染症や免疫を考える時に大切なのは、
その自分を守ってくれるための常在菌の活躍と免疫力の賦課活も考慮しなければならず、
敵をやっつけることばかりに躍起になってはいけません。

消毒ばかりしているとかえって免疫力を低下させてしまうこともあります。すべてはホドホドに。


バランスが難しいですね。。


アロマテラピーの良いところは、医薬品や消毒剤に比べると、
私たちの免疫を上げる作用も持っているところです。

抗ウイルス作用、抗菌作用があるモノテルペンアルコール類や、1,8-シネオールを含む精油を焚いたり、
消毒剤の代わりにスプレーしたりすると、インフルエンザの拡大を抑えられ、
風邪をひきにくくなるなどの効果が認められます。

同時に自分自身の細胞も活性化され、ウイルスや菌に対抗する力がより強化されているのではないでしょうか。


まだまだ油断ができない季節、精油を上手に活用して、
健康でより心地よい毎日をお過ごしください(*^^*)




by gracery | 2015-02-20 20:30

冬は蜜ろうクリームで乾燥予防

寒さがハンパないですね。
寒いと体は縮こまるし、動きも鈍くなるし、お肌はカサカサになります。

そこで、少しでも肌荒れ乾燥を防ごうと、先日、蜜ろうクリームを作りました

蜜ろうは、ミツバチからとれる天然のワックスです。
ミツバチたちは、自らが分泌する蜜ろうで保湿、防水性に優れた巣を作ります。
そんな貴重な天然の素材にエッセンシャルオイルを追加して、蜜ろうクリームを作るなんて、なんと贅沢なんでしょう!

今回選んだエッセンシャルオイルは、お肌を柔らかく保ち美肌効果も期待できる、フランキンセンス、ローマン・カモミール、レモンをチョイスしました。

蜜ろうの黄色味がかった温かみのある色合いと、ほのかにミツバチを思わせる甘い香りが、心を癒してくれます。

乾燥が気になる指先やネイルケア、唇、かかとなどに1日数回塗ると効果的です。

今日の東京は冷たい雨ですが、こんな日は自然の恵みに感謝してアロマとともにゆったり、ほっこり過ごしたいですね。162.png



by gracery | 2014-12-20 15:37

12月のアロマ

皆さんこんにちは。
いつもグレイスリーをご利用いただき、ありがとうございます。

今月にはいり、急激に寒さが増してきましたね。
先月までコートを着ないで外出していましたが、さすがにこの寒さに耐えきれずコートを出しました。(^_^;)

さて、今月のオススメのアロマですが、やはりからだを温めてくれるオイルが一番に思い浮かびますよね。
私のオススメは、定番ですが、ブラックペッパーとオレンジ・スイート♪

ブラックペッパーは、香辛料でも使われる食材としてもお馴染みですね。発汗作用があり、からだを芯から温めてくれて、胃腸を活性化してくれる働きがあります。

スイートオレンジは、基本中の基本ですが、冬に不足しがちなビタミンを含み、胃腸の調整作用があります。
また、太陽のように温かみがあり、香りも爽やかな甘さがあるので、ブラックペッパーの香りをマスキングしてくれるので、単体で使用するよりもブレンドすると使いやすくなります。

とても相性が良いですよ。


使用方法は、入浴剤にしてお風呂で香りとともに、ゆっくりあたたまるのも良いですし、キャリアオイルに希釈して、お腹を優しくマッサージするのも効果的です。

ぜひ、お試しくださいね。



much love,
Gracery

by gracery | 2014-12-07 09:00

母なる海のローズマリー

母なる海の精油「ローズマリー」
私はローズマリーにそんなイメージがあります。
温かな太陽と大きな海に抱かれている感じ…

b0209720_203669.jpg


私たちは、どんな時も「客観性」を保っていられたら、誤解や争いごとは生まれないのかもしれませんね。
とはいうものの、そんな簡単に行かないのが人生。

先人たちは言います。何かにつまずいたり迷うときは、悩むのではなく、考えることが大事だと。

心が沈んで涙がこぼれ落ちる。。

誰にだってそういう気持ちになることってありますよね。
そういう時、私なら、考えることを少しやめて頭を空っぽにしたいと思います。
実際はなかなか難しいことかもしれないけど、心にゆとりを持てるようにしたいです。

b0209720_2003337.jpg

そんな時に支えてくれるのが、大好きなローズマリーの精油。

ローズマリーの名前の由来は地中海沿岸が原産で海辺に生育し、小さな花がしずくのように見えることから、
ラテン語の“Rosemarinus”「海のしずく」という意味が付けられました。

もう一つの名前の由来とされている伝説の物語があります。
聖母マリアが迫害を受けて幼いキリストと共にエルサレムへ逃げる途中、遠い旅路を野宿の為に白い花のしげみに青いマントをかけて休んだ翌朝、それまで白かったローズマリーの花びらが青く変わったという伝説から「聖母マリアのバラ」(ローズ・オブ・マリア)と言われています。

b0209720_20405393.jpg

そのスーッとする凛とした香りは、脳を目覚めさ、気持ちをクリアにしてくれます。
頭がスッキリすると、自然と気持ちも爽やかになってくるのではないでしょうか。

b0209720_20405516.jpg

お掃除が終わったお部屋に、ローズマリー シネオールとティートゥリーとレモンで芳香浴。

1.8シネオールの香りのシャワーが嫌な気持ちを空の彼方へ飛ばしてくれます。(^-^)

■学名:Rosmarinus officinalis
■科名:シソ科
■原産国:スペイン
■禁忌事項:てんかんの持病がある人、妊婦中の人は使用しない。

b0209720_20338.jpg



much love,
Gracery

by gracery | 2013-02-17 16:06

トップバッター「杉」

全国的にインフルエンザが流行していますが、それに追い打ちをかけるように、今度はいよいよ花粉が飛び始めましたね。

今や、国民の6人に1人が花粉症患者となっていますが、皆さんはいかがですか?
この季節、花粉症の人にとっては非常に過ごしにくく、日常の生活にも支障が出てきてしまうほど辛い毎日ですよね。

既に飛びはじめている花粉がトップバッターの「杉」です。
眼、鼻、喉に不快感や倦怠感などの症状を引き起こす花粉症は、いったいどうやって対処すれば良いのでしょうか。

ここでは、アロマとハーブで辛い花粉症の症状を緩和するための対策をお伝えしたいと思います。
薬を投与するのとは違い速攻性はありませんが、そのぶん副作用がなく、人それぞれ異なる症状に対応でき、体質改善ができるのもアロマやハーブの利点です。
また、精油の成分は、皮膚や粘膜を通して血中に入っていきますが、消化器官系を通過しないため胃腸などの臓器を痛めることがありません!
さらに、身体に害のあるウイルスや菌のみを攻撃するといった、たいへん優れた働きをしますので、インフルエンザにも効果的ですよ!
それでは、症状別に使用できる精油をご紹介しましょう。

★アレルギー症状を抑え、鼻やのどの通りをよくして呼吸を楽にさせる
 ・ティートリー 2滴
 ・ユーカリ(ラジアタ) 2滴
 ・ジャーマンカモミール 1滴

 →キャリアオイル10mlに希釈し、鼻の下、首すじ、胸、お腹に塗布する。

★くしゃみ、鼻水が止まらない時
 ・ティートリー 1~2滴

 →ティッシュペーパーに落とし、マスク(立体型がベスト)に挟んで使用する。かなり効果的です!

★目がかゆい時
 ・ティートリー 2滴
 ・ペパーミント 1滴
 ・ユーカリラディアタ 2滴

 →ミネラルウォーター50mlで薄め、よく振ってから目にスプレーする。その際は必ず目は閉じてください。または、コットンに染み込ませて、まぶたに乗せても良いですし、お湯で温めたタオルで温湿布するのも気持ち良くてオススメです。

★風邪予防にも使える蒸気吸入
 ・ラベンダーレイドバン
 ・ティートリー
 ・ペパーミント
 ・ユーカリラディアタ

 →上記のいずれかの精油一種類を選び蒸気吸入する。

【蒸気吸入の仕方】
①洗面器にお湯を入れる。
②精油を1~2滴垂らす。
③蒸気が逃げないように頭から乾いたバスタオルをかぶり、
洗面器を覆うようにする。
※顔は水面から20~30㎝離し、必ず目を閉じて行ってください。
④深呼吸をしながら5分~10分ほど続け、蒸気が出なくなったら終了する。


★その他、花粉症に効果的と言われている対策です。
 ・ヨーグルトを1日200g摂ると、乳酸菌によってアレルギー状態が抑えられるそうです。
 ・花粉の季節になる2カ月前から、毎朝にんじんジュースを飲むといいようです。
 ・納豆、オクラ、山芋などのネバネバ食材を食べることにより、耐性が強化される。


何でもそうですが、アロマや漢方をやったからといって、明日治ってるということはありません。諦めず長期的にトライしていくことが決め手となりますので、焦らず楽しみながら、自然の恵みを全身で感じていきましょう。


much love,
Gracery

by gracery | 2013-02-14 13:55

アロマのチカラ

この前の3連休に、友人のしのちゃんがアロマテラピートリートメントをしにいらして下さいました。^^

彼女のトリートメントをするのは実に約一年半ぶりだったのでとても楽しみでした。

カウンセリングのときに体調などをお伺いするのですが、アート系のお仕事をしている彼女は、日頃細かい作業が多く、常に目を酷使しているので、眼精疲労からくる首から肩の痛みをうったえられていました。
最近は残業続きで疲労がかなり溜まっているようでしたので、先ずは体内に溜まっている疲労物質を「流す」ことと、「リラックスしたい」というしのちゃんのご要望を併せて精油選びを開始~。

どうかなぁ・・と思いつつ一番はじめに差し出した精油の香りを嗅いでもらったところ、、、
そうしたらなんと!
今まで好きじゃないと言って選んだことがなかった香りだったのに、それを初めてチョイス!

わぁ、身体って正直だなぁ~と感じた瞬間でした。

そのとき彼女は「あー、すごくイイ香り~!これいいな~」と言ってました。

内心、しめしめと思っていたワタシ…(o^^o)

他に2種類ほど精油を選んでいただき、トリートメント開始。
お疲れもあったせいかゆっくり休んでいただけてるようで良かったのですが、実際、肩から肩甲骨にかけてはパンパンに張っていて指がまったく入らないほど・・・
また、冷えから来る脚のむくみやお肌の乾燥等が気になったので、ゆっくりストロークしてリンパ液や静脈血を流していき、血流の流れを良くしていきました。

この日は、たっぷり2時間トリートメントをさせていただき終了後はハーブティーでゆったりした時間を過ごしていただきました。


ご来店、ありがとうございました☆


【今回の使用精油】
 ・ラベンダー アングスティフォーリア
 ・フランキンセンス
 ・オレンジ スウィート
 ・ブラックペッパー

ラベンダーAGは、リラックス効果はもちろんのこと、沈静作用、抗炎症作用などがあり、心身のバランスを整える万能薬です。
ラベンダーは、抑え気味にしてその分オレンジSを多めにブレンドしました。
さわやかに香るオレンジSとの相性は抜群です。
そこに、どの精油にもなじむフランキンセンスを入れてお肌と心のメンテナンスを期待。
ペッパーで身体の芯から温め、胃腸の働きを促します。

much love,
Gracery

by gracery | 2013-02-12 08:22

入浴剤の選び方

沸かしたてのお風呂はとても気持ちよいですよね!
誰も入っていないお風呂を好んで入浴される方は多いかと思いますが、一番風呂には思わぬ危険が潜んでいるのをご存じですか?

一番風呂のお湯は不純物が少ないため、熱いお湯を直に皮膚に伝えてしまい、皮膚が弱い人や高齢の方などはお肌がピリピリした感じになります。

まっさらなお湯は、お肌への刺激が強過ぎて、肌のうるおい成分を保つ皮脂の多くや、ナトリウムやカリウムなどが洗い流されてしまうのです。

対策としましては、入浴剤を活用することで、成分がお湯に溶け出し、肌への刺激を緩和させることができるのです。さらに、入浴後の保温性が断然長持ち!

しかし、入浴剤を使用する場合、一般に市販されている入浴剤は注意が必要です 。
なぜなら、市販されている入浴剤の成分のうち、“着色剤”が体に悪い影響を与えるということが、明らかになっているからなのです。

着色剤はお風呂の見た目をよくするために利用されていますが、例えば、“黄色4号”や“青色1号”の記載がある場合には利用頻度を減らした方が望ましいようです。

黄色4号は、アゾ系色素と呼ばれ、体内に取り入れると「ぜんそく発作や、じんましん、鼻づまり、目の充血などアレルギー症状になる」ことが解っていますし、青色1号は炎症を抑える効果がある半面、逆に炎症がない方にはなんらかの薬理的効果を与えてしまう可能性があります。

このような理由から、オーガニック素材で作られているものや、天然のハーブや精油を使ったホームメイドの入浴剤を使用されることをオススメします。

今回は天然100%の精油や、食用ハーブを使い、ご自宅でも簡単に作成できる入浴剤をご紹介します。
体に安心してお使いいただけるのが一番ですよね。
ぜひお試しください。^^


【材料】
☆無添加のバスオイル(乳化剤)・・・10ml
 (バスオイルがない場合は、天然塩や食品用の重曹でも代用可・・・分量はスプーン1杯分に対し精油2~3滴)
☆お好みの精油
 (下記はオススメ精油です。心身の疲労、リラックス、鎮静、感染症予防などに効果的)
 ・イラン・イラン・・・1滴
 ・フランキンセンス・・・2滴
 ・ラベンサラ・・・1滴

【つくり方・使用方法】
バスオイルに上記の精油を加え混ぜ合わせ、お風呂に入れてゆっくり入浴してください。
また、ドライハーブ(スプーン2~3杯)を簡易お茶ネットに入れて湯船に入れるのもオススメです。
ハーブを利用するときは、入浴の30分以上前に湯船に入れておくと良いです。


精油は基本的に、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用などがあるので、お風呂で使用するととても効果的です。
38度~40度のお湯で、ゆっくり入浴するとリラックス効果が得られ、免疫力アップにつながります。


まだまだ寒い日が続きますが、体をしっかり温めて予防対策をしましょう!



much love,
Gracery

by gracery | 2013-02-08 18:00

アロマの日 〜いやしの祭典〜

b0209720_22271735.jpg


本日、JAAが毎年開催している感謝祭「いやしの祭典」に足を運びました。
外はかなり寒くて雨も降ってきたのですが、一年に一度の開催で、しかも精油やアロマ関連グッズがかなり割安で購入できるということもあり、がんばって行ってきました!

会場に行ってみると直ぐにアロマクラフトコンテストが展示されていて、目をひかれました。今年のテーマは「2012年 自分にありがとう」です。
作品の数々はこちら↓ みなさんの素敵な作品がズラリ!
b0209720_2271249.jpg

b0209720_2271478.jpg

b0209720_227168.jpg

b0209720_22718100.jpg

b0209720_2272176.jpg

b0209720_2272434.jpg

b0209720_2272821.jpg



さてさて、お目当てのショッピング〜♪
私が通っていたアロマスクールで使用していたベルギー精油の輸入元業者さんのブースもあったので覗いてみたら、新しく輸入を始めたフランスの精油を紹介してくれました。
そこで伺ったのは精油メーカーによって蒸留方法もいろいろな拘りがあり、その結果、香りも違ってくるということでした。新しく輸入し始めたフランスのメーカーは、より優しい香りがしましよ。
b0209720_2273097.jpg

b0209720_2273223.jpg



ワンコインでできるハンドトリートメントが大人気で予約でいっぱい。
b0209720_2273694.jpg



漢方アロマのデモンストレーションもやってました!
b0209720_2273827.jpg



会場の奥では、オーガニックフードを提供している「湯島食堂」さんが無添加スープやパン、アップルパイ、コーヒー・紅茶を販売されていました。もちろん、美味しく頂きました〜(*^^*)
こちらの「湯島食堂」さんは「国境なき料理団」の発祥地として、国や地域を超えて「世界中を平和にできるごはん」の企画・運営をしており、お料理教室もやっているんですよ。発想がステキですね。
b0209720_2217257.jpg



今回、はじめて「檜」の精油を購入しました。日本人には馴染みのある香りですよね。
眼を閉じて香りを嗅ぐと森の中に佇んでいるかのようです。思わず深呼吸をしてみたくなりますよ。
早速、檜の精油を使って入浴剤を作りバーチャル檜風呂をやってみたいと思います!楽しみ~^^
b0209720_22172786.jpg

b0209720_227421.jpg



帰り道で東京タワーが輝いてました~。キレイ。
b0209720_2274129.jpg



☆JAA日本アロマコーディネーター協会 http://www.jaa-aroma.or.jp/

☆湯島食堂 http://www.yushima-kitchen.com/index.html


much love,
Gracery

by gracery | 2012-12-01 00:00

メディカルアロマセラピストとして活動する中でアロマに関すること、大好きな旅で出会った出来事の記録です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31