人気ブログランキング |
ブログトップ

Life is a journey

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブッダ展

b0209720_0413287.jpg

↑ 「摩耶婦人像」今まさに、シッダルタが母・摩耶の脇の下からうまれるところ

b0209720_0413278.jpg

↑ 「仏涅槃像」シッダルタがブッダとなり、ついに80歳に到達し涅槃となる



先日、上野にある東京国立博物館で開催中の「ブッダ展」に出かけてきました。

展示内容は、漫画家の手塚治虫さんが描いた「ブッダ」の原画とともに、日本やガンダーラ(今のパキスタンのあたり)の仏像が織りなす「ブッダ=釈迦の生涯」をつづった特別展でした。

ブッダとは、真理に目覚めた人のことを意味し、そのひとりが仏教を始めたお釈迦さまで、本名はゴータマ・シッダルタといいます。

このシッダルタは、2500年前のむかし、シャカ族の王子として、母・摩耶(マーヤ)の右脇の下から誕生しました。
うまれてすぐに立ち上がり、7歩あるき右手で天を、左手で地をさし、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言ったそうです。

・・なんだか、もうこの時点で普通のあかちゃんとは違いますよね(^_^)

シッダルタは、ひとは「苦しみながら、なぜ生きるのか」「どう生きればいいのか」という、生老病死について考え続け、ある時、身分も家族もすべてを捨てて出家を決意します。

6年間の苦しい修行を経た後に、ついに悟りを開き「成道(じょうどう)」へとたどり着くのです。

そして、右手を枕にして横になる「涅槃(ねはん)」となるまで、各地を回りながらたくさんの人に様々なことを教え、人びとを苦しみから救い、尊敬され続けたと伝えられています。


展示室は思っていたよりも小さいスペースで、作品や仏像も見やすく簡潔に展示されていました。
ゆっくり見て回っていましたが、気づいたら出口の前まで進んでいて、あっという間でした。

最後に展示されていた、鎌倉13世紀の作品で重要文化財でもある「仏涅槃像」がとても大きくて印象的でした。

この仏伝は、すべての生きものは、不安や苦しみを抱えながら生きて、やがて死んでゆく。そして生まれかわり、ずっとそれを繰り返してゆくという「輪廻」をあらわしたものです。

このスパイラルをぬけだし、すべてから解放されたひとが、ブッダ!

しかし生きている間に悟りを開き、そこに到達するには大変なことですね。

なにかを犠牲にしたり、我慢することも時には必要ですが、
苦しみ、悩み、迷い、楽しみ、満たされ、泣いたり、笑ったり、、、

それが人生なのだと私は思います・・
皆さんはどうでしょうか。
by gracery | 2011-06-25 05:15

森の香り「フィトンチッド」

「フィトンチッド」とは、「植物が殺す」という意味です。

Phyto(植物が) cide(殺す) = phytoncide


フィトンチッドは、樹木が自らつくり発散させる揮発性の物質で、主な成分はテルペン系の有機化合物です。

テルペン系化合物は、私たちヒトのからだをリフレッシュさせたり、リラックスさせる働きをもつ、香りの集合体なのです。

このフィトンチッドは、ヒトをリラクゼーションへと導くための働きだけではなく、
実は自分では移動することのできない樹木が、外敵(昆虫や動物)から身を守るために発散させているものだそうです。

何百年も、あるいは何千年もの間その大地に根を下ろし、静かに立っている樹木たちの「生きるための知恵」なのですね。

なにがあっても揺るがない、雨にも日照りにも耐え、じっと時を過ごしてきた樹木たち。
自然の生命力は本当に素晴らしいですね(*^^*)


梅雨が明ければ本格的な夏がやってきます。
皆さんもこの夏はクールビズに加え、森林浴にお出かけになってはいかがですか?

森林の中でマイナスイオンを浴びて深呼吸をすると心身ともに清々しくなりますし、気温も低いので自然の天然クーラーで涼しいですよ(^-^)




★参考文献:(社)全国林業改良普及協会、(社)大日本山林会、他
by gracery | 2011-06-23 06:18

アロマで体感温度を下げる

梅雨入りしてからというもの、連日ムシムシ&ジメジメが増している上に、
節電対策でさらに不快指数は上昇している今日この頃…(☆o☆)

この空気を変えたい!と思っている方に朗報です。

少し前に、ある番組でアロマを取り入れた「体感温度を下げる方法」が
放送されていましたのご紹介します。

それは部屋に「ミントの香りを流す」というもので、実験の内容は25.5度
(ミントの香りなし)の日と、26.8度(ミントの香りあり)の日で
不快者率を比較したところ、なんと温度の高い26.8度の日のほうが、
不快者率が少なかったというものでした。

これは、ある大手事務用品メーカー、東京大学、アロマメーカーの
共同実験による結果に基づくものです。

確かにミント系の爽やかな香りは気分がモヤモヤしているときにも
良く利用する精油なので、職場や自宅のお部屋に芳香するとスッキリして良いですね。

ヒトは香りを臭いだだけで、脳に刺激を与え気分や体調を整える働きがあります。

ぜひ試してみる価値ありですね(*^-^*)


※ただし、誰からも好まれるミントの香りですが、精油の使用に関しては以下の注意が必要です。

★成分の中に神経毒性が含まれているので、3歳以下の乳幼児、妊産婦、授乳中の女性、
てんかん患者、高血圧症の方は使用しないでください。
★冷却作用があり体温を下げる働きがあるので、お肌に塗布する際は広範囲の使用は避けてください。
by gracery | 2011-06-18 08:08

3ヶ月

今日で震災から3ヶ月がたちました。

先日、一通のメールが届きました。
南相馬市に災害派遣されていた自衛隊の方からのメールで、
9日に南相馬市での災害派遣活動を終了し、部隊は撤収して習志野へ
帰ってきたとのことでした。

3ヶ月間、本当にお疲れさまでした…


被災地では今もなお支援を必要としている状態が続いていますし、
他の部隊は活動を継続、原発問題も明るい兆しが見えませんね。

それでも、あきらめずに今も過酷な状況下で作業をされている
“Fukushima 50”の皆さん、自衛隊員の皆さん、警察の皆さんがいらっしゃいます。


確認の意味も込めて、この重大な出来事に関心を持ち続けていくことの大切さを
胸に刻んでいます。


私もアロマを通してお役に立てるよう、意識を高く持っていたいと思います。
by gracery | 2011-06-11 21:21

ゴールデンタイム

「ゴールデンタイム」とは… テレビのお話ではありません。

睡眠にまつわるお話です(^-^)☆

一般的には、午後10時〜午前2時に、ぐっすりと深い寝りをとると
良いといわれています。
成長ホルモンの分泌が盛んになり、新陳代謝も促し、
日中身体に受けたダメージを修復・調整してくれる大切な時間なのです。
ですから、この時間に脳の神経系や肉体をしっかりと休めておくと、
疲れがとれて翌日もスッキリと目覚め、元気に過ごすことができます。
同時に、傷ついたお肌の細胞も修復・再生するで、
健康で若々しいお肌を保つためにも、睡眠はとても大切な役割の一つなのですね。

そうは言っても忙しい毎日を送る現代人、生活のリズムや仕事の関係で
必ずしも早く寝られるわけではありません。

ではどうしたら質の良い睡眠を効率よくとれるのでしょうか。

まずはお休み前の環境に気をつけていただきたいのです。
睡眠前にはパソコンや携帯電話などの使用をさけ、
少し明かりを落としリラックスできる環境を整えましょう。
寝る間際まで、パソコンや携帯電話などの利用で電磁波を受けていると、
脳が休まるまでに時間がかかってしまうので注意が必要です。


少しでも早く寝て、ぐっすりと深い睡眠をとりスッキリ目覚めて元気に暮らしましょう!



† ワンポイント+プラス †
ホットタオルやラベンダーの香りのアイピロウなどで目を休めてみましょう。
ホットタオルはとても気持ち良いですよ~☆
by gracery | 2011-06-06 06:06

君へ…

b0209720_19593026.jpg


いつも支えてくれている君へ。


頑張っているつもりでも、うまく行かないときって沢山あるよね。

上手に自分を表現できないときもあるし。

気持ちが伝わらなくて、もどかしいときもあるよ。



それでも、いつも支えてくれてありがとう。


その想いが力になります。


感謝をこめて。



† OM SHANTI OM †
by gracery | 2011-06-02 15:15

メディカルアロマセラピストとして活動する中でアロマに関すること、大好きな旅で出会った出来事の記録です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30