ブログトップ

Life is a journey

感染症予防


東京では桜の樹も新緑に包まれ、春からまた一歩、季節が移り変わろうとしています。

しかし、春とはいえ日によってはまだ肌寒く感じたり、急に初夏を思わす陽気になったりと、温度差の大きい日々が続いていますね。

やはり季節の変わり目は体調を崩しやすくなります。
そして、今回のような大きな災害や余震は、精神的にも肉体的にも無意識のうちに身体に大きな影響を与え、ストレスとなり不安や不眠を引き起こしています。

さらに、被災地である東北方面を中心に、震災直後から懸念されていたインフルエンザ等の感染症が拡大しているようです。
疲労もピークに達している被災者の方々には、衛生面が行き届かない中、感染症予防をすることは困難な状況ですが、なんとか予防対策を立てて感染を防いでほしいと思います。

ストレスや疲労で抵抗力が弱まると、ウイルスや菌が体内に侵入しても排除する力を十分に発揮できなくなります。

まずは、健康な身体をキープすることが大切ですね。

精油(エッセンシャルオイル)には感染症の予防に効果的なものがたくさんありますので、いくつかご紹介します。
ご自分の好きな香りと合わせて使用するのも良いですね。ぜひ試してみてください。


☆ティートゥリー(抗菌、抗ウイルス、殺寄生虫)
☆ラベンダー・アングスティフォリア(抗菌、殺菌、メンタル面の鎮痛)
☆ラベンサラ(免疫刺激、抗ウイルス)
☆オレガノ(抗菌、抗真菌、免疫刺激、殺寄生虫O-157など)


キャリアオイル10mlに精油3滴を垂らし希釈させ、背中(脊柱)とお腹は、しっかりとぬり込むようにし、首筋と鎖骨部分は、ゆっくりさするようにトリートメントしてください。
特に、鎖骨部分は、人差し指と中指で鎖骨を挟むようにし、中心部から外側に向けて10回ずつ流すようにしてみてくださいね。
このとき、一緒に脇の下を軽くマッサージすると良いです。ここは大きなリンパ節があるので、刺激を与えることにより老廃物を流してくれます。

リラックスして行ってみてくださね。




☆アロマテラピーは、医療行為ではございません。
☆ここでご紹介している精油の作用特性や基本情報につきましては、
プラナロム社製ケモタイプ精油のデータと研究結果を基にしおります。

[PR]
by gracery | 2011-04-23 06:30

メディカルアロマセラピストとして活動する中でアロマに関すること、大好きな旅で出会った出来事の記録です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31