ブログトップ

Life is a journey

アロマで花粉症ケア


花粉症の方にはもっともツライ、花粉追い込みの季節となりました。
みなさんは普段どのような対策をされていますか?

ネットの口コミランキングによりますと、花粉症対策BEST3は次のようです。

第3位…インターバランスL-92
花粉に勝つための強い体をつくる健康サポートカルピス飲料。
機能性乳酸菌L-92配合とローカロリーで飲みやすいです。
まずは体の中から健康にしましょう。

第2位…鼻でブロック
「二度と来ないで〜」のCMで一躍有名に。
鼻の入り口にクリームを塗る事で花粉をブロックする
新しいタイプの予防グッズ。

第1位…超立体マスク
やはり手頃で物理的に花粉をシャットダウンできるのはマスク。
最近ではメイクの落ちないマスクや耳が痛くならないマスクなど
たくさんの種類のマスクが出ています。


アロマができること…考えてみました。

それは、アレルギーに対する免疫力をアップしたり、
アレルギー物資を早く体内から排出すように血液をサラサラにさせたり、
鼻やのどの通りをよくして呼吸を楽にさせたり、
花粉症から感じる不快感やイライラを和らげたりすることが
アロマテラピーにおいての有用性です。

お薬のような強くて急激な変化はありませんが、
ゆっくり体に働きかけることで、副作用もなく
香りを楽しみながら改善して行くのも身体に負担を
かけないので、アロマテラピーのよいところかもしれません。

さて、肝心のアロマはというと…

●ユーカリ・ラディアタ
コアラが食べることで知られています。
ユーカリ・ラディアタは、免疫を刺激し、
鼻やのどの粘膜炎症を抑えたり、
たんを排出する働きを促してくれます。
スーッとしたさわやかな香りはなじみやすさを感じ、
沈んだ気分を高揚させてくれます。

マスクの端(直接お肌に触れない部分)に1滴垂らし、
マスクをすと呼吸が楽になりますよ。

●ティートゥリー
原住民アボリジニが健康に欠かせない木として
大切に利用してきた植物です。
細菌やウィルスによる感染を抑制する作用が強いことが特徴です。
香りはフレッシュでスパイシー、少しお薬のようにも感じます。

ティッシュやハンカチに1〜2滴垂らしてお部屋に香らせたり、
持ち歩いて香りをかいだりしても良いですね。

ティートゥリーの香りが苦手な方は、ユーカリ・ラディアタ1滴や
レモン1滴を合わせると、さわやかな香りになりますよ。

●ラベンサラ
香りはさわやかでどこか優しい感じがします。
万能薬やスパイスとしても利用されてきました。
作用の特徴はユーカリ・ラディアタに似て、免疫を刺激し
ウィルスによる感染を抑制してくれます。
また、睡眠を誘発させたり、落ち込み気味の精神を
元気にする作用があります。
器官を広げて呼吸を楽にしてくれますので、
蒸気吸入がおすすめです。

【蒸気吸入の仕方】
①洗面器にお湯を入れる。
②精油を1〜2滴垂らす。
③蒸気が逃げないように頭から乾いたバスタオルをかぶり、
洗面器を覆うようにする。
※顔は水面から20〜30㎝離し、必ず目を閉じて行ってください。
④深呼吸をしながら5分ほど続け、蒸気が出なくなったら終了する。


今回ご紹介した精油は、禁忌事項がなく、高齢の方から
小さなお子さんまでどなたにも安心してご使用いただけます。

ただし、一度に大量に使用したり嫌いな香りをかぎ続けることは
控えてくださいね。

できるだけ体に負担の少ない方法で自分のもつ自然治癒力を
高めて予防していきたいですね。




☆アロマテラピーは、医療行為ではございません。
☆ここでご紹介している精油の作用特性や基本情報につきましては、
プラナロム社製ケモタイプ精油のデータと研究結果を基にしております。

[PR]
by gracery | 2011-03-28 14:14

メディカルアロマセラピストとして活動する中でアロマに関すること、大好きな旅で出会った出来事の記録です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31